記者発表会

脂肪代謝に関わる「PPARγ」を活性化

香醋から発見された新規抗肥満活性成分フレグライド1の作用
Effects of a newly anti-obesity active ingredient, fraglide-1, in fragrance vinegar (東京農大1,北陸先端大2) ○辻野義雄1,2・高木昌宏2 (Tokyo University of Agriculture1, JAIST2) Tsujino Yoshio1,2, Masahiro Takagi2

英文要旨: Zhenjiang fragrant vinegar is a traditional Chinese black rice vinegar with various health effects. We isolated and identified the novel compound 5-hydroxy-4-phenyl-butenolide from 8-years-old fragrant vinegar according to in vitro PPAR? activation, and named it fraglide-1. In this study, the vinegar including fraglide-1 was suggested to have anti-obesity effects on human.

1. 緒言
香醋は、中国で古代から用いられた食酢の一種で、健康維持に関する様々な有効性が示唆されてきた。日本の本草学(薬物に関する学問)にも大きな影響を与えた中国本草学の集大成である『本草綱目』(1596年)には、醋の薬用について「醋は腫れを鎮め、むくみを解消、邪毒を殺し、色々な処方に用いる」と記載されている。香醋は、紀元前から作られており、初めて文献に現れてからでも1,500年以上の歴史を持っており、「三国志演義」の中にも鎮江香醋が登場している。我々は、糖・脂質代謝制御において重要な役割を担っているリガンド要求性核内転写因子である PPARγ(peroxisome proliferator-activated receptor γ)の活性化を指標とした細胞評価系(リガンドアッセイ)によって、この8年熟成恒順香醋の中から有効成分(5-Hydroxy-4-phenyl-butenolide)を発見し、フレグライド1と名付けた。そして、C57BL/6Jマウスに高カロリー食摂取による肥満モデルを作製し、フレグライド1の抗肥満効果を見出した。本研究では、フレグライド1を含む香醋を用いて、ヒトにおける影響を検証した。

2. 実験
BMI値が25〜30の30〜60歳の男女40名に対し、試験(ランダム化二重盲検並行群間比較試験)を行いました。半数には「8年熟成香醋」を、半数には「半年熟成香醋」を12週間連続摂取していただき、摂取前と摂取12週後に内臓脂肪面積(CTスキャン)、摂取前と摂取4週間後、摂取8週間後、摂取12週間後に臨床検査値を調べた。

3. 結果と考察
被験者に対して12週間被験物質を投与し、半年熟成香醋(フレグライド1を0.2μg/mL含有)群と8年熟成香醋(0.4μg/mL含有)群を比較したところ、8年熟成香醋群は半年熟成香醋群に対して内臓脂肪面積を有意に減少させた(p=0.049)。 また、8年熟成香醋群の摂取開始時と摂取12週後における内臓脂肪面積において有意な減少(p=0.026)が確認されたが、半年熟成香醋群では確認されなかった。 ヒトにおいても、フレグライド1は濃度依存的に抗肥満作用を有する可能性を強く示唆した。 本研究により、Fraglide-1を活用した新たな肥満改善食品の創出が期待される。

adobe記者発表要旨(159KB)

上にもどる